海南市社会福祉協議会

介護保険護事業

介護保険訪問介護事業

ご利用できる方 要介護1~5の認定を受けた方
サービスの内容  ホームヘルパー(訪問介護員)がご自宅を訪問し、身体介護や生活援助のサービスを提供します。

【身体介護中心】
食事の介助、入浴の介助、排せつの介助、通院介助、着衣やシーツの交換 など

【生活援助中心】
住居の掃除、洗濯、買い物、食事の準備、調理 など

利用料(1割)の目安

2割負担の方は2倍

身体介護中心 20分~30分未満 165円
20分~30分未満 245円
30分~1時間未満 388円
生活援助中心 20分~45分未満 183円
45分以上 225円

早朝・夜間・深夜などの加算があります。
介護職員処遇改善加算Ⅱとして4.8%が加算されます。

介護予防訪問介護事業

ご利用できる方 要支援1・2の認定を受けた方
サービスの内容 ホームヘルパー(訪問介護員)がご自宅を訪問し、調理や掃除などをいっしょに行い、ご利用者様のできることが増えるよう支援します。
利用料(1割)の目安

2割負担の方は2倍

週1回の利用 1,168円
週1回の利用 2,335円
週1回の利用 3,704円

介護職員処遇改善加算Ⅱとして4.8%が加算されます。

介護保険居宅介護支援事業

ご利用できる方 要介護1~5の認定を受けた方
サービスの内容 ケアマネジャー(介護支援専門員)がご利用者様といっしょにケアプラン(どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画書)を相談しながら決めます。また、その後のサービス事業者との連絡調整を行います。
自己負担はありません。

介護(介護予防)サービス利用の手順

介護保険の利用には申請が必要です。

① 申請する

申請の窓口は、海南市くらし部高齢介護課(海南市海南保健福祉センター1階)です。
申請は、ご本人のほかご家族でもできます。また、ケアマネジャーが代行で申請することもできます。
・申請に必要なもの
要介護認定申請書(申請窓口に設置されています。)
介護保険の被保険者証(40~64歳の方は医療保険の被保険者証)
※ 申請書には主治医の氏名、医療機関名、所在地、電話番号の記載が必要ですので、かかりつけの医師がいる方は確認しておきましょう。

② 訪問調査

申請すると、高齢介護課から訪問調査員が日ごろ生活しているところへ訪問し、あらかじめ定められた項目に従って質問し調査します。

③ 要介護認定

訪問調査の後に、訪問調査、主治医の意見書をもとに認定審査が行われます。

④ 結果の通知

認定の結果通知は、原則30日以内で届きます。
要介護の方は介護サービスを、要支援の方は介護予防サービスをご利用できます。まだ介護が必要ない方は非該当と判定されます。
サービス利用の前に、利用する居宅介護支援事業所名(ケアマネジャーの事業所名)を高齢介護課に届け出ることが必要です。

⑤ サービス利用の開始

ケアマネジャーと利用するサービスを決め、(ケアプラン作成)サービス事業者と契約し、サービスを利用します。