海南市社会福祉協議会

サロン「たのしい会」に、ニュース和歌山の取材が!!

2017-09-11

saron_title4

平成29年9月11日(月)13:00~ 大谷団地児童会館にて
ふれあい・いきいきサロン「たのしい会が開催されました。

今日は、なんと!なんと!!
ニュース和歌山の記者の方が、サロンの取材に来て下さるとのこと!
サロンの取材ははじめてです…。ドキドキしながら、会場に向かいました。
HP1
会場に入るといつものように、
「まいど~!いらっしゃい!!」と明るく声をかけてくれます。
いつも元気な代表者の方の挨拶があり、いよいよサロンがスタート!!

本日で30回目になる「たのしい会」ですが、今日はいつになく緊張しました。。

毎回とても盛り上がり、わいわいと楽しいこのサロン。
ですが、短時間の取材の中で、いつもの楽しさ、にぎやかさ、そしてアットホームな雰囲気や、みなさんのあたたかい人柄や土地柄などが、きちんと伝わるのだろうか…。
緊張で変な汗が出てきてしまいます。。

ですが、そんな心配はどこへやら!
「鬼のパンツ体操」で私の緊張も吹き飛びました!笑
写真を見ても、みんな笑顔!元気いっぱい大きな動作で楽しんでいます!
HP2
取材に来て下さった記者の方にも、十分伝わったと思います!よかったぁ!!

そして写真には取り損ねたのですが、世話役の方々をまきこんだ寸劇が開始!
脚本・演出すべてが、大谷団地オリジナル(笑)
アドリブ満載、迫力十分の、おもしろい寸劇に、会場は大爆笑!!
最後の「ヤーッ!」もばっちり揃いました!また見たいですね♪

さぁ 次は脳トレの時間です☆
HP3
脳トレは3問あったのですが、これがまたユニークな良い問題!
簡単なようで奥が深くて、とんちがきいていて…♪左の問題は、表から選んで2文字の言葉をつくります。「金の答え」分かりますか?笑
グループで「アレかなぁ~?いや、こっちの方が点数が高いんちゃう?」なんて話をしながら、頭を使って考えて…
そして答えを聞くと、スッキリ爽快!!楽しみながら、頭をやわらか~くほぐしました♪

いくつになっても遊び心のある世話役さん、発想が素敵ですね♪♪
いつも色々なことに興味をもち、アンテナを高くしているからこそ、こんなアイディアが次々と浮かんでくるのだと思います。すばらしいです!

そして脳トレが終わると、今日のメインイベントの「ポケットボール」です。
以前もサロンに登場したこのゲーム、世話役さん達(男性陣☆)が協力しながら作って下さった、手作りゲームです!
大谷団地の竹を使って作られています。
男性が活躍されているサロンは、手作りもダイナミック!さすが男性の力です!!
HP5
今日も大変盛り上がり、優勝者はなんと49点という高得点を叩き出していました!うらやましい!

そして思わず写真を撮ってしまったのですが、記者の方の写真の撮り方もすごかったです!
ものすごい角度から、サロンの様子を撮影して下さっています。さすがプロですね~!かっこいい!

 

本日取材に来て頂き、改めて「ふれあい・いきいきサロン」は本当に、地域の住民の方々の力で成り立っているなぁと感じました。
世話役さんたちはみなさんボランティアで「大谷団地を暮らしやすい地域にしたい」「みんなで楽しめる居場所を作りたい」と地域のために頑張って下さっています。
世話役さんのインタビューを聞きながら、地域の方々の自主的な思いが活動になり、こうして地域に根付いてきていることを改めて実感でき、私自身もとても嬉しい一日になりました。

記者の方に尋ねられて改めて考えてみた「たのしい会」の特徴。
海南市にはふれあい・いきいきサロンが現在17か所あります。
それぞれのサロンに特色があり、どれも素晴らしいのですが、この「たのしい会」は、

・男性の世話役が多く、活躍されていること
・小さな地域で、顔の見える関係性の中でサロンをしていること
・ふりかえり会を行い、地域の現状や課題について話し合っていること

が、やはり他のサロンに比べて特徴的なのかな、と感じます。

サロンを続けていて「地域が変わったなぁ」「やってて良かったなぁ」と感じる瞬間。きっとみなさんにあると思います。
大きな変化ではないかもしれませんが、今日の世話役さんのインタビューを聞いていて、確かにサロンがきっかけで地域が変化してきている、と感じました。
毎回の地道な活動の積み重ねが、大谷団地のつながりづくりになっているんですね。

ニュース和歌山にサロンの記事が掲載されることで、市内にサロン活動の素晴らしさが広がり、歩いて行ける距離にサロン(居場所)づくりがすすんでいくとうれしいです。

本日お忙しい中取材に来て下さったニュース和歌山さん、そしてサロンの企画や運営に携わって下さったすべての方に、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!