海南市社会福祉協議会

阪東七夕飾り♪大人も子供もサロンで地域交流♪

2017-07-04

saron_title4

平成29年6月24日(土)13:30~ 重根西部集会所にて
ふれあい・いきいきサロン「阪東いきいきサロン」が開催されました。

題名のとおり、今日は七夕の笹飾りづくりを通して地域交流!

いつものサロンメンバーに加えて、たくさんのお子さんやその保護者の方々も参加して下さいました。

まずは、恒例の玄関おもてなしシリーズ!今日は、あじさい・かたつむりでした♪
ちょっとした心遣いが本当に素敵で、私も毎月楽しみにしています。
HP1

そして今日は・・・☆
阪東地区のみなさんで、七夕の笹飾りをつくろう!という企画です。
「阪東いきいきサロン」での多世代間交流は、はじめての取り組み!ドキドキします!

まず会場におじゃまして驚いたのが、笹飾りが17種類も用意されていたこと!
①~⑰まで番号がふってあり、なんと自分の好きな飾りを選んで作れるという仕組み♪
みんな興味津々、飾りの前に子どもたちが集まります!!
HP3
写真の男の子は、早速⑰のスイカが気になったみたいです♪可愛らしいですね♪
番号の前で子どもたちは、悩みながらも、作りたい飾りを自分で決める。そして必要な材料を自分で選んで受け取る。
こうやって、笹飾りにバリエーションをもたせたり、材料置き場をひとつにまとめたりすることで、子ども達も自分で考え、自主的に動いていました♪
サロンの世話役の方々が運営にとても工夫されていて、素晴らしいと思いました。

HP4
作り方をファイルにまとめて下さっているので、自分の好きな番号の材料をもらうと、ファイルを見ながら早速作業に取りかかります。
分からない所は、周りの大人がサポート!
子どもが困っていたら、みなさん自然と手助けして下さっていました。
今まで知らなかった人同士でも、一緒に何かを作ると自然と会話が生まれ、笑顔になりますね。
HP5
そして、今日は自治会長さんも来て下さっていました。
地域にとってサロン(居場所づくり)はとても大切なことだと話してくださいました。とても嬉しかったです。ありがとうございました!

さて、そろそろ開始30分~40分がたちましたが・・・会場は盛り上がる一方!時間があっという間ですね。
みんなひと通り飾りづくりができると、 次は笹に飾りつけです!
自分が思いを込めた作った笹飾り、短冊、きれいに飾りつけてね。
HP6
高いところは、サロンのメンバーもお手伝い!
はじめは緑色だけだった笹が、あっという間に色とりどり、華やかになりました。

笹飾りがひと段落すると、おやつ&おしゃべりタイム♪
サロンの世話役さんが、こども用に特別におやつを準備して下さいました。
写真では分かりづらいかもしれないのですが、おやつ袋をくくっているのは、手作りのボタン♪可愛い♪
子どもたちも大喜びです!
HP7
阪東地区は、今少しずつ住民が増えている地区。その中で、昔から長く阪東に住まれている方もいれば、新しく引っ越してこられた方もいらっしゃいます。
世代が違い、普段顔を合わせる機会の少ない方や、顔は知っているけど名前が分からないという方もたくさんおられると思います。

今回「阪東いきいきサロン」を通じて地域内で交流を深めよう!という企画は、地域のつながりづくりに向けてとても良いきっかけになったと感じました。
いざという時に声をかけ合えて、お互い助け合える地域をつくるために、普段からこういった活動を通じて顔の見える関係性を広げていけると素敵だなぁと思いました。

HP10
最後にはこんなに素敵な笹飾りができ、大人も子供も楽しめる1日となりました!
準備や当日の進行など、すべてを取り仕切って下さったサロンの世話役の方、本当にお疲れ様でした!