海南市社会福祉協議会

平成29年度 第1層協議体 第1回会議開催

2017-06-08

平成29年度 第1回目の 海南市第1層協議体会議 が6/1(木)に開催されました。
HP1
昨年度より生活支援・介護予防サービス提供主体等協議体として、生活支援・介護予防サービスの体制整備に向けて、海南市の情報共有や連携強化の場を設置し、地域ニーズの把握、様々なネットワークづくり、資源開発を推進するために発足しました。

昨年の協議の中で「海南市全域の地域資源や課題を挙げても広すぎて連携が難しい」との協議結果が出たことで、今回は第2層協議体を設置することになりました。
実際に顔の見える範囲で協議をするならどのくらいの範囲が良いか意見を出し合い、
旧小学校区(17校区)の範囲でやってみようということになりました。

第1層協議体メンバーが住む地区や思い入れのある地区で、それぞれの「地域資源」「第2層協議体設置に向けて関わって欲しい団体や人物」を発表してもらいました。
さすがに「わがまち」♪メンバーからその街に住みたくなるような素敵な街自慢をしてもらいました♪

また第2層協議体に入って欲しいメンバーとしては、いろいろな名前や団体が挙がりました。今回、ワークショップとしてメンバーで話す中で本当にこの制度は、介護や福祉だけではなく、「地域づくり」「まちづくり」だと痛感させられました。

HP2

今年度1回目の協議体において「第2層協議体の範囲として旧小学校区で進めていく」「第2層協議体モデル地区候補を決め、地域住民が立ち上げる協議体として、声かけやフォーラムなど第1層協議体としても支援していく」ことが決定しました。