海南市社会福祉協議会

ぽかぽか陽気♪阪東サロンで楽しく歌いました♪

2017-04-22

saron_title4

平成29年4月22日(土)13:30~ 重根西部集会所にて
「阪東いきいきサロン」が開催されました。

最近暖かい日が続いていますが、今日は一段とぽかぽか陽気♪
心地よい気候の中、阪東いきいきサロンがはじまりました。

まずは代表の方のごあいさつ。
こちらのサロンの挨拶はいつもおちゃめで、私はひそかに楽しみにしています。
HP1
最近奥様が手首を痛められ、ご自身で家事をされているそうなのですが、なにせ大変なことが多いのだとか…
そんなちょっとした事でいいので、みなさんの日常の悩み事なんかを、気兼ねなく言い合えるような、サロンをそんな場にしていきたい。
ご自身のエピソードを交えて話をしてくださいました。今日の挨拶もとても素敵でした!

そして会場の飾りつけもとても可愛くて♪
世話役さんの中に、作って下さる方がいらっしゃいます。いつもありがとうございます!

さぁ、ここからが本日のメインイベント!
今日はアコーディオンを弾いて下さるボランティアさんに来ていただき、みんなで歌を歌う日です。
HP2
生の演奏はやっぱりいいですね~!臨場感が違います!
みなさんお腹の底から声を出していて、いきいきとした表情です。
歌ってすごい!
上の写真のように、ボランティアさんが事前に歌詞カードや歌の本を準備して下さるので、とても助かります。

HP3
会場は多くの人でにぎわい、大きな声が響きます。
「やっぱり昔の歌はええなぁ」「なつかしいなぁ」
そんな声も聞こえてきます。
やはり、長い間引き継がれ、歌われ続ける歌はみんなの心に響きますね。

アコーディオンをこんなに近くで見られるのも、サロンの特権!得した気分です♪
メロディーラインを右手で弾きながら、左手では伴奏をつけています。
すごく複雑な動きで、間近で見ると本当にすごいのが分かります。

HP5
今日は和歌山の歌も歌いました。『毬と殿さま』です。
私は和歌山に引っ越してくるまでこの歌を知らず、歌うのは今回で2回目。
ですが、この歌が作られた背景をお話しいただき、なんだか一気に親しみがわきました!!
こちらのボランティアさんは、歌の作られた歴史や、作曲家、作詞家のお話もして下さるので、さらに歌に興味がわいてきます。

世話役さんがお茶とお菓子を準備して下さり、休憩を入れながら、おしゃべりに花を咲かせ…
1時間半があっという間にすぎました。

今日で1周年を迎える「阪東いきいきサロン」
今年もみなさんと一緒に、たくさん笑って楽しみながら、困ったときに相談し合えるような地域のつながりづくりをすすめていけたら嬉しいです。

HP6

今日も、サロン終了後には世話役で「ふりかえり会」をしました。
今年は、「さらに多くの人に参加してもらいたい」という事で、世話役の方々が意見を出し合って下さっていました。
サロンというと、比較的高齢者の方が来られるサロンが多いのですが、地域に住むみんなで作っていきたいという気持ちもあり、子どもたちやその保護者の方たちも、気軽に来られるような企画を考えて下さっています。

また随時、社会福祉協議会のホームページにも掲載していく予定です!
今年もよろしくお願いします!