海南市社会福祉協議会

サロン「だいこんの会」理学療法士さん出張講座♪

2017-09-07

saron_title4

平成29年8月26日(土)13:30~15:30
船尾地区集会所にてふれあい・いきいきサロン「だいこんの会」が開催されました。27名の参加者でした。

今日は「変形性膝関節症を予防しましょう!!」と題して、辻整形外科から理学療法士の先生と実習生2名が来てくださいました。

日頃から膝に痛みを感じながら生活している方は結構、多いんですよね!                                  プロジェクタで映し出された画面を見ながら、先生のお話にみなさん引き込まれていきます。実際に身体を動かし、自分の身体の癖も確認できました。
他にも自宅で簡単にできる体操も教えていただき、参加者からは「次回は腰痛のお話を聞きたい」との声もあがりました。
「だいこんの会」の皆さん健康意識が本当に高い!きっと健康寿命もさらに延びることでしょう!!                                                   また今日は普段、病院では聞きにくいことも個別に聞いてもらえたと参加者も大喜びでした。

理学療法士の先生どうもありがとうございました。

HP1

講話後、お茶を飲みながら休憩をして、そのあとは歌詞カードが配られ、坂本冬美の「また君に恋してる」を合唱しました。この日は2名の自治会の男性がゲストとして参加されていましたが、女性の柔らかな歌声にうっとりとしました。

HP2

それからそれから・・・                                                  このサロンの世話役で音楽ボランティアとして活躍されている方のコーナーです♪♪♪                             みなさんご存知の「うみ」を歌いながら右・左手ともにグー・チョキ・パー、これは簡単ですよね!次は右手はグー・チョキ・パー、左手はチョキ・パー・グーとずらします。私も挑戦しましたが、どうしても両手が一緒になってしまいます。手に集中すると歌が歌えません… 悲しい!
そのあとは2人で向かい合い、手だけではなく肘や膝も使って…これはもうリズム体操というより運動です。 ついて行くのが大変!!
さらに次は新兵器「鳴子」が出てきました。「鳴子」と言えば「よさこい踊り」を連想しますが、ここではリズムをとったりストレッチをしたりと椅子に座ったまま楽しみました。

「だいこんの会」は普段、女性の参加者ばかりですが、今日は自治会の男性も楽しんでおられました。地域の居場所として、男性の参加者もこれから増えていったらいいですね。
今日来ていただいた理学療法士さんは、海南市内で開業している病院からボランティア派遣先としてサロンへ出張講座をしていただきました。市内には資格や特技、趣味などの資源を持った方がたくさんおります。お互いの持っている物を出し合って、助けあい・支えあいのできる町を目指したいと改めて思いました。